PAGE TOP

子育て 2018.02.19

今年は子どもと一緒にスノーデビュー!雪あそび用キッズウエアの選び方

私が住んでいる香川県は、地域にもよりますが、平野部では雪は毎年ちらつく程度で積もるのは数年に一度。
子どもたちは雪に触れる機会はほとんどありません。

 

子どもが産まれる前は、毎年冬になると雪山に行ってスノーボードを楽しんでいたのですが、
妊娠後から数年は、雪山には行けませんでした。

いつか、一面雪の世界に子どもを連れて行ってあげたいなあと思っていたのですが
今年、初めて子どもたちといっしょに雪山に遊びに行くことができました!

 

スキーやスノボまではまだ体験させていませんが、
雪に埋もれて遊んだり、ソリに乗ったり、子どもたちは初めて見る一面の雪景色の中で大はしゃぎ。
思った以上に楽しんでくれて、親としてもとても嬉しかったです。

 

妊娠がわかった頃からしばらく雪山から遠ざかっていたパパもママも、
今シーズンは子どもと一緒にスノーデビューしてみませんか?

 

計画は立ててみたものの、いったい何を用意するべきなのか悩んでいる方のために、
子どもが楽しく雪遊びする時の必須アイテムや選び方をご紹介したいと思います。

 

 

———————————–
■子どもの雪あそびに必須の防寒アイテム
———————————–

乳児の場合、抱っこされている時間が長いので、あまり防水性は求めませんが、
幼児になると防寒対策だけでなく、雪に対する防水性にも配慮する必要があります。

 

 

① ウエア
我が家では、今シーズンに何度もスキー場へ行く予定がないため、あり合わせの厚手の服を着せましたが、
降雪地にお住まいの方や、今後何度も雪遊びをさせる予定がある方は、用意しておいた方がよいと思います。

 

小学生以下の子どもは着せやすいジャンプスーツ、小学生以上はセパレートタイプものを着せる方が多いようです。

ウエアにはいろんなタイプがあります。
ファスナーやスナップボタンの開閉タイプの違いや、
素材もポリエステルやダウンが含まれているものなど、タイプも価格もさまざま。
実際に手に取って子どもに試着させることができればイメージがわきやすいですね。

 

小さなお子さまの場合は、おむつ替えや着脱しやすいものを選びたいものですが、
気に入ったものを選ぼうとするとサイズが無かったりすることも多いので、早目の準備が必要です。

 

 

② 手袋
手袋もさまざまなタイプのものがあるので迷いますよね。

 

小学生以下の子どもはまだ自分で手袋をつけづらいので親も扱いやすい指が分かれていないタイプ、
小学生以上なら、遊びやすい5本に分かれているものを選ぶとよいと思います。

 

また、小さなお子さまの手袋には紐をつけてあげることをお忘れなく。

 

 

③ 長靴・スノーブーツ
厚手の靴下を履くことを想定して、普段履いている靴のサイズよりも
1センチほど大きいものを選んだ方がよいかと思います。

 

防寒ブーツや防寒長靴を用意し、さらにカバーをつけると雪が靴の中に入ってこないので、
子どもが気にせず遊ぶことができます。

雪の上で履くために作られた専用のスノーブーツなら足も冷えにくく滑りにくいので、より安心です。

 

 

④ 帽子
帽子は必ずサイズがぴったりなものを選びましょう。

 

大きいとすぐにずれてしまい、気になって思いきり遊べません。
もし転んでもクッションの役割も果たしてくれるので、しっかりとかぶせてあげてください。

 

 

———————————–
■ウエア下はその日の気温に合わせるのがカギ
———————————–

活発に動く子どもは、着込みすぎて汗をかいて逆に風邪をひいたりすると困りますので、
暖かい日は中にTシャツ、寒い日は長袖とフリースなど、簡単に調節できる服装をさせておくとよいでしょう。

 

まだ歩けない赤ちゃんの場合は、手先や足先まですっぽりと覆うことができる防寒着がおすすめです。

 

また、子どもの外遊びに付き合う大人は、温かい格好をしないと風邪をひいてしまうので、
子どもよりも一枚多く着こんでおくと安心ですね。

 

 

———————————–
■まとめ
———————————–

実際に子どもの雪遊び用の防寒着を探しに出かけると、
サイズや素材など気に入ったものを見つけるのは大変だなと感じました。
1~2歳くらいのサイズはお店に数点しか取り扱いがなかったりします。

 

事前にインターネットで探してみたり、思い切ってレンタルしてみるのもよいかもしれません。

購入するにしてもレンタルするにしても、子どもが元気に寒さを気にせず遊べるものを選んであげたいものですよね。

 

今シーズンは、子どもにとってどんな体験が待っているのかとても楽しみです。

他のコラムを見る

この記事を書いた人
           
関連するタグ

,

子育てママ応援コラム

バナー