PAGE TOP

家 事 2017.07.21

シリコンスチーマーはキッチンの必須アイテム。下ごしらえだけじゃない意外な使い方も♪

■忙しいママの必須キッチンアイテム
私にとって食事作りは、決して嫌いな家事ではありませんが、
平日は働いているので、お腹を空かせた子どもを目の前に、急いで夕食作りをしなければなりません。
そのため、料理に時間をかけることが出来ません。

 

そんな時に活躍してくれる、私の必須アイテムは「シリコンスチーマー」です。

 

数年前にルクエのスチームケースが火付け役となり大ブームになったシリコンスチーマー。
今では100円ショップでも購入できるほど身近な定番キッチンアイテムとなりました。
きっと持っている方も多いと思います。

でも、みなさん下ごしらえだけに使っていたり、しばらく眠らせていたりしませんか?
だとすると、とてももったいないですよ!

 

 

■シリコンスチーマーで作れる料理って?
シリコンスチーマーを使えば、たとえばこんな料理が、時短でおいしく出来上がります。

 

・白米とお水をセットし、電子レンジにかければご飯が炊ける
・野菜を切って少しのお水をセットし、電子レンジにかければ温野菜サラダに
・じゃがいもやかぼちゃを蒸してつぶし好きな味付けをすればポテトサラダ、かぼちゃサラダに
・野菜とお肉とめんつゆをセットし、電子レンジにかければ肉じゃがの出来上がり・・・

 

レシピサイトなどには他にもたくさんのシリコンスチーマーを使ったレシピがあります。
いつも労力をかけて作っていたあの料理も、調べてみると実はシリコンスチーマーで簡単に作れるかもしれませんね。

 

■シリコンスチーマーのメリットは?

あらためてシリコンスチーマーの良いところを考えてみましょう。
シリコンスチーマーには、こんなメリットがあります。

 

・油を使わずに調理できるのでヘルシー
・火を使わずに調理できるので暑い夏にもピッタリ
・出来上がった料理をそのまま食卓に出せるので洗い物が減る
・料理をそのまま冷蔵庫や冷凍庫で保存したり、再度電子レンジで温めることもできる
・茹でるよりも栄養が残りやすい

 

 

■離乳食作りにもシリコンスチーマー!

我が家では、子どもの離乳食を作るときも活躍してくれました。
離乳食で食べさせる少量のお粥をお鍋で炊くのは少し面倒だったりしますよね。

 

お鍋で炊いている最中にぐずりだしたので、子どもをあやしていたら、
いつの間にか焦げ付かせてしまっていたという経験がある方もいるのでは。

 

しかしシリコンスチーマーを活用すれば、ごはんとお水をセットし、電子レンジにかければ、勝手に出来上がります。

 

火を使わないので、お鍋のようにずっと見張っていなくても安心。
子育て中の強い味方です。

 


■シリコンカップもとっても優秀

同じシリコン素材でできた「シリコンカップ」はお弁当作りに大活躍してくれます。

 

夕食で余ったおかずは、シリコンカップに入れて冷蔵保存し、翌日のお弁当に入れます。
それ以上に余れば、いくつかのシリコンカップに分け入れて、冷凍保存しておき、保冷剤の役目も兼ねて翌日以降のお弁当へ入れます。

 

このように、私にとってシリコンスチーマーやシリコンカップは欠かせないアイテムとなっています。

 

今後も、私だけでなく忙しいママたちの味方となって活躍してくれると思います。

まだ使ったことのない方や、最近使ってなかったな~という方はぜひ活用してみてください♪

他のコラムを見る

この記事を書いた人
           
関連するタグ

, , , ,

セミナー・相談会

子育てママのいろんな悩みを解消するセミナー・相談会を開催しています。
キッズスペース完備!お子様連れでご参加ください。

バナー