PAGE TOP

ママ友ピックアップ

育児時短制度を活用して働き続けるママ

尾原 睦子 (おはら ちかこ) さん
  • 子ども2人(7歳,2歳)

仕事について

  • 職種:事務職
  • 1週間あたりの勤務日数 週5日
  • 1日あたりの勤務時間 9:00~16:05 6時間

お住まいのエリア

  • 香川県

会社名

  • 株式会社クリエ・ロジプラス

雇用形態

  • 正社員

出産しても働こうと思ってました。

結婚した当初から、子どもができたら、産休・育休は取ろうと思っていました。その頃、薬の卸をしている会社で営業の仕事をしていたのですが、営業の仕事がとても楽しかったですし、正社員で働いていたこともあり、「辞める」という選択肢は頭にありませんでしたね。せっかく制度があるのだから、ぜひ活用しようと思っていました。

実際に、1人目の子どもを出産して、仕事を復帰することになった時は、「小さい時の子どもの成長を見ておいたほうがよいのでは。」という周囲の声もありましたが、義理の両親に助けてもらいながら、出産後、10か月で職場復帰をしました。

育休からの復帰。いろいろ戸惑うことも。

1人目の子どもを出産して、育休から復帰したときに、職種を営業から事務職に変更しました。営業の仕事はとても楽しく、好きだったのですが、時間が不規則になりがちで、子育てしながら続けることは難しいと思ったからです。

正直、これまで何でも自分で調整していた営業職とは違い、周囲と連携をとりながら仕事を行っていく事務職に、なかなか慣れることができず、いろいろ戸惑うことが多かったですね。

ただ、義理の両親が近くに住んでいて、育児のサポートをしてもらうことができたので、その点は、とても助かりました。もし、サポートがなければ、仕事を続けることはできなかったかもしれません。

今は、上の子が弟の面倒をよく見てくれるので、とても助かっています。

 

子どもの成長に合わせて働き方を考える。

今の会社には、前職の会社から縁があり、転籍という形で入社することになりました。転籍をしようと思ったきっかけは、子どもが小学生になるまで、育児時短勤務を取得できる制度があったからです。育児時短勤務は、子どもが3歳になるまで。という会社が多いと思いますが、小学生になるまで取得できることに、とても魅力を感じました。実際、今の会社に転籍して、2人目の子どもを出産しましたが、育休から復帰した今は、時短勤務をしています。子どもが小さい間は、この勤務を続けたいですね。

下の子が小学生になるまでには、まだ少し時間がありますが、「時短勤務ができなくなったらどうしよう。」と考えるときがあります。子どもの成長に伴い、生活の環境も変わっていくので、家族と協力しながら、自分にあった働き方を見つけていけたらいいな。と思っています。

仕事の時間が自分の時間

育休を取っているとき、周囲の環境が何もわからず、「社会に取り残されている。」と感じたことがあり、社会とのつながりや自分の存在意義を見つけるためにも、これからもずっと働いていたいと思っています。

仕事をしていると、毎日忙しいですが、そんな時間が「自分の時間」だと感じています。子どもと一緒にいる時は、どうしても子ども中心になってしまいますが、会社にいる間は、自分のペースで行動できますから。

確かに、仕事と家事、育児を両立させていくのは、毎日がバタバタの連続でとても大変ですが、わたしは家から外に出ることがリフレッシュになりますし、ちょっと疲れているぐらいがちょうどいい。今は、子ども達が小さくて、手がかかることも多いですが、長い時間一緒にいられる時期は今しかありませんし、たくさんの思い出が作れるように、子育てを楽しみたいと思っています。

1日のライフスタイル

5:40 起床・身支度・朝食作り
7:00 息子たち起床

朝食・片付け・息子たちの身支度

7:50 保育所送迎
9:00 出社
16:05 退社
17:00 息子たちのお迎え
17:20 帰宅

家事・夕飯作り

19:00 夕飯
20:00 息子とお風呂・遊ぶ
20:30 旦那さん夕飯・家事
21:40 息子たち就寝

※次男は部屋を暗くすると大はしゃぎ

※一緒に寝落ちしてしまうことが多いかも・・・

自分の時間をつくるために工夫していること

  • 子どもと離れている時間が一人になれる時間ですが、一人になれるのではなく、仕事に行っているので、自分の時間とは言えないかなぁ。

幸せを感じる瞬間

  • 子どもの寝顔を見たとき
  • 子どもからうれしそうに駆け寄ってくれて、「ママ大好き!」といってほっぺをギュッとしてくれるとき

おすすめのラクチン料理

  • 【お野菜シューマイ】
  • お肉、たまねぎ、余っている野菜をみじん切りにして、コネて、皮に包み、蒸してできあがり!!嫌いな野菜も食べられて◎

おすすめの家事ワザ

  • 【キッチンバサミ】
  • 切るものによっては、まな板、包丁要らずで、後片付けもカンタンです。ハサミで済むものは、キッチンバサミで切っています。

バナー